「白浜風景」3F
「晴れゆく朝霧」
リトグラフ
 

東山魁夷

 

1908年(明治41年)
    横浜市に生まれる。本名は新吉。
1931年(昭和6年)
    東京美術学校日本画科卒業。
    結城素明に師事、雅号を魁夷とする。
1933年(昭和8年)〜1935年(昭和10年)
    ドイツに留学。
1934年(昭和9年)
    以後、第1回日独高官学生としてベルリン大学で美術史を学ぶ。
    帰国後、官展に出品。
    写生をもとにした詩的情緒ある装飾的日本画を描く。
1947年(昭和22年)
    「残照」が日展に特選。(東京国立近代美術館収蔵)
1956年(昭和31年)
    日本芸術院賞受賞。(第11回日展出品作「光昏」)
1960年(昭和35年)
    東宮御所大広間壁画「日月四季図」完成。
1968年(昭和43年)
    皇居新宮殿壁画「朝明けの潮」完成。
1969年(昭和44年)
    文化勲章受賞。毎日芸術大賞受賞。
1974年(昭和49年)〜1975年(昭和50年)
    日展理事長
1975年(昭和50年)〜1981年(昭和56年)
    唐招提寺御影堂障壁画「山雲・儔声」完成、奉納する。
1999年(平成11年)
    90才逝去。

 

BACK

copyright