「神原の枝垂桜」
「神原の枝垂桜」
シルクスクリーン
 

中島 千波

 

1945年 日本画家・中島清之の三男として長野県小布施に生まれる
1969年 東京芸術大学美術学部日本学科卒業
    第54回院展(東京都美術館)に初出品、初入選
1971年 東京芸術大学大学院終了 日本美術院院友になる
1977年 第32回春の院展、第62回院展それぞれで奨励賞、以後数回受賞
1979年 第5回山種美術館賞展(山種美術館)で優秀賞受賞
1985年 第1回日本画裸婦大賞展 大賞受賞
1988年 宮尾登美子作「きのね」(朝日新聞の連載小説)の挿絵を制作
1992年 おふせミュージアム・中島千波美術館(長野県小布施市)開館
1994年 東京芸術大学美術学部助教授に就任
    鎌倉・鶴岡八幡宮・斎官貴賓室床の間壁面に孔雀図制作
1995年 パリ三越エトワールにて「中島千波の世界・パリ展」開催
    歌舞伎座緞帳<淡紅白梅図>完成
2000年 東京芸術大学美術学部教授に就任
2002年 成田山東京別院深川不動尊・内仏殿挌天井の原画(100号)完成
    NHKテレビ番組趣味悠々「花を描く−中島千波日本画基礎講座−」を担当
2003年 四曲半双屏風「永泉寺の枝垂桜」「桜花月明」ほか制作
BACK
copyright